Jul 13, 2017

Workshop on Japanese Cartesian Diver for Kids
子どものための日本発の浮沈子工作ワークショップ


 8月は久し振りにイベントに出展します。
日本科学未来館の館長毛利さんのサイエンス賞を戴いた浮沈子を、
その後作りやすくアレンジしたオリジナルの浮沈子を作ります。
浮沈子は小さなものですが、科学的にも歴史的にも、とても奥が深いオモチャです。
海外ではあまり見かけない、日本で発展して出来た独自の綺麗な浮沈子を
是非作りに来てください。
11時・13時・15時の各回6組限定です。





Jun 27, 2017

This year's "Plastic × Art"
今年の「プラスチック×アート」

 久し振りのポストになりました。
今年は18年目になるPETフラワーがアートのテーマです。
カバーは科学工作のPETフラワーがPET'al-Artになるきっかけとなった作品を

久し振りに、気持ちを新たに作りました。
PETフラワーの中でも熱のコントロールが難しい作品です。
2002年に日本ヴォーグ社の編集者にこの最初の作品を見て戴いたことがきっかけで作家になりました。


 また展示とワークショップの詳細が決まりましたらお知らせします。





May 7, 2017

with NSTM's mugcup
台湾国立科学工藝博物館のマグで


 今年のゴールデンウィークも終わりました
数年前から旅行とは縁が無くなり、病院に縁があります。(私自身ではなく)
何れにしても、疲れますよね。
食器棚の奥のマグカップに目が留まり、コーヒーを淹れて休憩。
台湾高雄の国立科学工藝博物館のプラスチックアイデアクラフトの特展も、
もう10年も前のことなんですね...。

今年は苺もまだ実が熟しません。
面倒を見ている人が入院していると、
花粉症の私では手入れが行き届かないせいもあるのでしょうか。
花粉がやっと終息すると思ったら、昨日から黄砂がやってきました。

秋は、また今年も大阪市立科学館で展示とワークショップの予定です。
気持ちを切り替えて頑張らなければ!

May 3, 2017

Dogwood
ハナミズキ


 ワシントンの桜の後には、その返礼に贈られたハナミズキが日本で満開になります。
88歳の母がデイケアに通っている施設で作った塗り絵を切り絵した「ハナミズキ」です。


私はストローアートをしていて、よく起用だと言って戴きますが、
母がこんなに綺麗に切り抜けるとは思っていませんでした。
編み物は好きで上手なんですが、それも今では全くしなくなっていましたから驚きました。


 今年は、大阪は桜の開花も遅く、ハナミズキも私の好きな色はまだ満開ではありません。
でも、白も5月の青い空にはよく似合いますね。




Apr 29, 2017

Photo frame and a coaster from...
フォトフレームとコースターの材料


 我が家は飲食店に囲まれていますし、屋上では僅かな野菜も作っています。
猫のエサも、いつも置いてあるので嫌な虫に悩まされる季節になりました。
昨年から置いたり吊ったりする忌避剤を色々買ってあちこちに置いています。

中には1年間効果が持続する製品もあって、
これはその一つの入れ替え時期で、捨てるには惜しいパッケージだったのでリメイクしました。

作ったと言っても、ただカットしただけですが...
あ、ガラスの代わりにPVCシートを入れたのが工夫かもしれません。