Apr 8, 2018

Hallo
ハロ

 プラスチックと同じように、猫の居ない生活も考えられません。
母の介護があるので、多頭飼いは出来ないと思っていたのですが...

2年前のハロウィンに家の前に捨てられていたので飼うことに。
ハロと名付けました。

2歳になりました。
昨年秋のハロウィーン

 先住猫のジジはうちに来た時から呼吸器に持病がある不安を抱えていました。
そのジジに何かあった時は慰めてくれることになるだろうと思っていた
若い元気なハロが先に旅立つなんて考えてもみませんでした。
この時から数日後、エイプリルフールに天国に旅立ってしまいました。
 5年前、春に来て夏に天国に旅立った先代のジジのことは、
秋の空を見ることが出来なかったといつも想っていました。
もしかしたら、ハロに生まれ変わって秋を見に来たのかも...
エイプリルフールの日、もう動けないハロを大好きな屋上に連れて上がりました。
ベッドのシェードに風が吹いたかと思うと、ハロの瞳が真っ黒になりました。
その風に乗って、天国に行ったんだなと思いました。
3月30日のハロ

Apr 1, 2018

Fashion show with Small plastic sheet Vol.5
プラスチック×ダンス&パフォーマンス・ファッションショー5

 ステージのイベント記録写真を主催者から貰って来ました。


 終わりに、マカニコロナヘのメンバーと一緒に会場にご挨拶。
お祖母ちゃんと孫みたいな年齢の皆さんでしたが、
どちらも楽しく着こなして戴いて嬉しかったです。
 

 出演の皆さんも、観て戴いた皆様も、ありがとうございました。

 【4】 

Mar 25, 2018

Fashion show with Small plastic sheet Vol.4
プラスチック×ダンス&パフォーマンス・ファッションショー4

 当初の予定では、お昼過ぎに3階ステージでファッションショー。
1時過ぎから噴水前ステージでダブルダッチのパフォーマンス。
という多元でマルチブリムを紹介する予定でした。
前日送って下さったコスチューム写真です。
そのダブルダッチは、
SJRCの子ども達とDachico282というお母さんグループす。

















 お母さんだけかと思っていたら
インストラクターのお兄さんも着けて下さっていました。
実は男性が着用するのは初めてでした。
ラインストーンを付けたり、
「コーディネートを考えるのが楽しかった」と伺って嬉しかったです。

デイリーなアイテムなので、
それぞれのグループに私服でコーディネートしてもらって、
私自身も楽しく参考になる出展になりました。 

 【3】 


Mar 24, 2018

Fashion show with Small plastic sheet Vol.3
プラスチック×ダンス&パフォーマンス・ファッションショー3



この写真が届きました。
これで先日の説明がよくわかると思います。

 向かって左から
・サンバーザーや花粉除けとして、春から夏にデイリーに活躍します。
・「夏は一番似合うね」と言われました。ビーチやプールサイドにピッタリです。
・秋冬もニットキャップと合わせたりすると艶のある異素材がアクセントになります。
・一番重宝なのは急な雨の時。車椅子に乗る人・押す人、自転車の安全運転にも。
・バンダナ・スカーフだけでも、キャップの上に着けても目先が変わります。

3階ステージの後、着替えに戻る寸前に急にお声がかかって、
噴水広場の野外ステージでも紹介させて戴くことになりました。
急なことでマカニコロナヘのメンバーだけしか集まりませんでしたが、
同年輩の観客が多かったこともあって、とても楽しんで戴けたようでした。
マカニコロナヘとは、ハワイの言葉で「
優しい風」という意味だそうです。
たいしょう愛ランドに温かい優しい風が吹いたような気がしました。
そういう意味では、野外ステージの方がピッタリだったかもしれません。


  

Mar 20, 2018

Fashion show with Small plastic sheet Vol.2
プラスチック×ダンス&パフォーマンス・ファッションショー2


たいしょう愛ランドの屋内ステージの
マルチブリムのファッションショーが無事終わりました。

 ショーは短いですが2部に分かれていて、
最初はマカニコロナヘのメンバーがシチュエーションで紹介。
バブリーダンスで再注目中の荻野目洋子のダンシングヒーローに載せて♪

  ・晴れの日はサンバーザーとして、花粉除けとして
  ・デイリーなジーンズスタイルとテニスウエアで。
  ・雨の日はレインバイザーとしてポンチョに合わせます。
  ・車椅子に乗る人も、介護する側も顔が濡れず快適です。
  ・冬もニットキャップと合わせて雪の日も、
  ・夏はパレオに合わせて、ビーチやブールでも。

 次は写真のHIP-HOPの大正ダンススタジオの女の子たちが、
ブルゾンちえみのあの曲(オースティン・マホーン)に載せて、
解説よりダンスで観ていただきました。

私も舞台袖で解説アナウンスをしているので、
写真は出番を待っている時の舞台裏で撮りました。

全て、出演者の自身でのコーディネートで、
HIP-HOPは先生がコーディネートして下さいました。 
 

 【1】